自分の「やりたい仕事」って、どんな仕事?

投稿日:

転職支援をする際に良く耳にしたのが、

「今の会社ではやりたい仕事が出来ないため。(出来なくなったため。)」「体制が変わって、今までの自分の仕事と変わってしまった。」などの意見です。その言葉が出た時には、私は、必ず次のように一言お聞きしています。

『やりたい仕事』って、どのような仕事ですか?と。
質問を受けた方々の返答を端的にいうと『(やりたい仕事は = )今までの慣れ親しんだ仕事』という場合が多いです。

そのため、
もう一度「自分のやりたい仕事」を分析してみませんか。と提案をいたします。
(給与は多い方が良いと思うので、給与以外の要素について)

<現職中の場合>
業務時間の中で一番得意な(この業務をしている時は前向きだ)業務を探ってみましょう。
または、一番不得意な業務を探ってみましょう。

たとえば、営業職。
新規のアポイントは不得意だけど、既存の顧客をフォローして取引量を増やしていくのは得意。
または、新しく取引をするための交渉は得意だけど、既存顧客のフォローには燃えない(気乗りしない)。
数字を駆使し企画書を作るのは得意だけど、人前で話すプレゼンテーションは不得意。逆にプレゼンテーションは得意。
テレアポは不得意だけど、新規の飛び込み営業は苦にならない。
お客様とのコミュニケーションは得意。しかし、取引条件を詰めることや、代金回収は苦手。
この業界の営業は、大手企業との取引に関わることが出来るから気に入っている。
ベンチャー企業の事業家と多く接することが出来ることが、業務上楽しい。

上記のように、自分自身の業務を小さく分解し「自分分析」を紙に書き出して整理すると、「仕事をする上で、最大の得意・不得意」が見えやすくなります。紙に書き出した項目の中で、一番強く思う得意な業務が「転職をする際に譲れない、最低限のポイント」です。

<既に退職し転職活動中の場合>
直近の業務を思い出し、上記と同じように整理することで「最大限に不得意なこと(=明確な退職理由)」が見えやすくなります。
同じく、一番強く思う得意な業務が「転職先を探す上で譲ることができない、最低限のポイント」です。
また、先ほど「給与は多い方が良いと思うので、給与以外の要素で」と書きましたが、仕事を決定する要素が“給与の額”だけの方は、非常にシンプルです。転職サイトのフィルターで“給与帯”を絞り込むことで「転職先が具体的」にイメージしやすくなります。

ところで、上記の方法でやってみたが、

「転職をする際に譲れない、最低限のポイント」
「最大限に不得意なこと(=明確な退職理由)」
「転職先の具体的イメージがわいてこない。」

という方、当社のキャリアカウンセリングを受けてみませんか?

明確な志望動機の職務経歴書を作れるようになる「基本コース」、ブレない面接が出来るようになる「面接対策」オールサポートセンターにあります。
お気軽に、お問い合わせください。

 

098_5_キャリアカウンセリングへ_A001a

コンサルタントがお届けする
「転職サポート&メンタルケア通信」

コンサルタントが貴方の課題ごとにカスタマイズする
「キャリアカウンセリング&メンタルカウンセリング」

本ブログに掲載されているエピソードは、ご本人様より承諾を得た上で掲載をしています。一切の転記転載を禁止しています。

「キャリアカウンセリング」「メンタルヘルスケア」「採用支援」「人材育成・研修」
株式会社オールサポートセンター
東京都豊島区東池袋1-35-8  電話/FAX 03-6914-2708

-スタッフブログ

Copyright© 株式会社オールサポートセンター AllSupportCenter Co., Ltd. , 2017 All Rights Reserved.